地震・噴火に備えよう!備蓄水の必要性NAVI

最新情報

2016年5月26日
Uncategorized
近年自然災害が多い・・・
5月も終わりですね。 今月は各地で大きな地震が多くありました。 熊本だけでなく、埼玉や茨城でも大きな揺れがあり・・・

近年自然災害が多い・・・

5月も終わりですね。

今月は各地で大きな地震が多くありました。

熊本だけでなく、埼玉や茨城でも大きな揺れがありましたね。

また、日本各地で噴火もしていて、

いつ何が起きてもおかしくない状況だなと思わざるを得ません。

いざという時のために、非常用持ち出し袋を用意しているご家庭はどのくらいでしょうか。

また、用意はしているものの、不要な物まで用意していて

持ち出すときに重たい・・なんてこともあります。

非常用持ち出し袋に入れるものは最低限で尚且つ本当に必要なものだけにしましょう。

 

防災館で貰った災害手帳に、備えておきたい防災グッズの一覧がありました。

 

・水(1人あたり3リットルを用意)

・食料(乾パン。缶詰など)

・ラジオ・懐中電灯(電池も忘れずに)

・缶きり・マッチ・ろうそく

・救急用品・薬

・ビニール袋・ビニールシート

・古新聞・ちり紙

・靴・軍手・ヘルメット・笛

・身分証明書・保険証のコピー等

・毛布・下着

・簡易トイレ

・筆記用具

・サニタリーセット(ハミガキ・生理用品など)

 

上記以外にも小さいお子さんがいる家庭ではオムツや

着替えなど最低限でもかなりの荷物になってしまいます。

 

非常用袋は手で持つタイプより、リュックのタイプにすることで、

両手をふさがずに安全に非難ができるようにしましょう。

 

身分証明書や、保険証のコピー・普段飲んでいる薬や

かかりつけ医などは簡易的なノートにまとめるなどしておくと、

かさばらずに持ち出すことができますね。

私が貰った災害手帳はそれ自体に書き込むことができて

首からかけられるように紐がついているので便利です。

 

非常用品の用意がまだと言う方は一度近くの防災館に

災害手帳や災害のしおりなどを貰いに行くのもいいかもしれません。

そのときに家の近くの避難所の確認や、

突然の災害の対処法を聞いておくと安心ですね。
023

 

備えあれば憂いなしと言いますが、

地震や大きな災害に備えなしでは危険です。

備えに備えを重ねるように今から準備しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ