地震・噴火に備えよう!備蓄水の必要性NAVI

最新情報

2016年6月20日
ミネラルウォーター
ミネラルウォーターについて思うこと
私はミネラルウォーターをよく利用しています。お料理に使うときは軟水、運動をしながら飲むのは硬水となんとなく決ま・・・
2016年6月19日
ミネラルウォーター
ミネラルウォーターと水道水の違い
ミネラルウォーターと水道水は誰もが違うと知っていると思いますが、常にミネラルウォーターを買って飲んでいる人はど・・・
2016年6月14日
ミネラルウォーター
色々なミネラルウォーターがある時代が到来!
昔はミネラルウォーターが多数無かったように思います。 現在はペットボトルが普及し、多数の色々なミネラルウオータ・・・
2016年6月13日
Uncategorized
節水してみよう!
蛇口をひねれば当たり前のように出てくるお水ですが、 このお水、急に出なくなったら・・・と考えたことはありますか・・・
2016年6月12日
Uncategorized
水不足に備えて・・・
梅雨に入り、雨の日も多くなってきました。 こんなに雨が降っているとあまり実感がわかないのですが、 実は今年は深・・・

ミネラルウォーターについて思うこと

私はミネラルウォーターをよく利用しています。お料理に使うときは軟水、運動をしながら飲むのは硬水となんとなく決まっています。考えてみると、子供のころは水道の水を飲んでいたけれども、いつのころからかミネラルウォーターを購入して、飲むようになっていました。蛇口をひねれば、いつでもお水は出てくるのになんででしょう。考えてみると不思議なことです。
フランスを旅したときに、ミネラルウォーターがワインより高いのに驚いたことを、とっても覚えています。海外のお水はいろいろと問題があるので買わなくていけないのでしょう。それは少しかわいそうなのかなー、とも思ったものです。でもその代わりスーパーに行けばたくさんの種類のミネラルウォーターがあって、見るのもすごく楽しかったです。炭酸が入っているものから、味のついたものまで、本当にたくさんの種類がありました。今では日本のコンビニでも本当にたくさんの種類が売られていて、私自身も楽しみながら飲んでいます。どんどん新しいフレーバーが増えたりするということは、それだけの需要があるということなのでしょう。みんな当たり前のようにお水を買って飲む時代になっています。最近の子供たちは、公園の水飲み場で水を飲んだりするのかしら?危ないからってお母さんたちが飲ませてないんだろうなー、なんて思ったりして。

ミネラルウォーターと水道水の違い

ミネラルウォーターと水道水は誰もが違うと知っていると思いますが、常にミネラルウォーターを買って飲んでいる人はどの位いるのでしょうか?外ではミネラルウォーターを飲んでいても自宅へ帰ると水道水を飲んでいる人もいるそうです。理由は自宅で水道水をそのまま飲む事が少ない為、一度沸騰させてからお茶やコーヒー等を飲むのでそこまでミネラルウォーターに拘らないという人も多いようです。私は自宅でもミネラルウォーターを飲むようしていますので常に常備をしています。一度ミネラルウォーターでお茶やコーヒーを飲んでみると分かると思いますが、水道水で作ったお茶やコーヒーとミネラルウォーターで作ったお茶やコーヒーの味は全然違うのです。その為、どうしても水道水で作ったお茶やコーヒーを飲もうという気持ちになれないからです。
それにミネラルウォーターは塩素も入っていないので身体にも良い物になっています。とてもまろやかで飲みやすいのが特徴だと思います。私が一番驚いたのはどのミネラルウォーターでも味に変化はないと思っていたのですが、ミネラルウォーターによって味が全然違うのです。その為、その時の気分によってミネラルウォーターを飲み分けています。

色々なミネラルウォーターがある時代が到来!

昔はミネラルウォーターが多数無かったように思います。
現在はペットボトルが普及し、多数の色々なミネラルウオーターがあり、コンビニやスーパーに並んでいるから、お出かけ時に水筒を持たなくてもいい時代が到来しました。
よく考えてみたら、私はミネラルウオーターのことをよく知らずに飲み、ちょっと気になったので、調べてみました。

ミネラルウオーターとは、地下水を原水で容器入飲料水のこと。
発祥は17世紀イギリスのマルヴァーンの水を瓶に入れて販売したのが始まりです。
日本では原水成分に無機塩添加などが入っていないものはナチュラルミネラルウォーターと言います。
水にカルシウム塩とマグネシウム塩が多いと硬水、水にカルシウム塩とマグネシウム塩が少ないと軟水、日本では軟水が多く、欧州では硬水が多く、欧米では炭酸が含まれいるものもあります。

また、医学的に効果が証明されてなく特保の認可が無いバナジウムは糖尿病抑制効果がある説があり、バナジウムを含む地下水は健康食品として販売されています。
日本での始まりは、1884年兵庫県川西市の平野鉱泉を瓶詰めして”鉱泉 平野水”をとして発売されました。
現在の日本国内生産量では、1位が山梨県、2位が静岡県、3位が鳥取県です。

私は、何も考えずに当たり前のように出掛けた先で飲んでいたミネラルウオーターも、これからは産地や成分表を見て飲むようにしようと思いました。

節水してみよう!

蛇口をひねれば当たり前のように出てくるお水ですが、
このお水、急に出なくなったら・・・と考えたことはありますか?

実は日常生活の中で、必要以上にお水を使っている場合が多々あります。
普段から節水に心がけておくと、いざ水が足りなくなったときに
少ないお水でも困らない程度に生活ができるのです。

シーン別にお水の使う量・節水方法についてまとめてみましたので、
ご自身は普段お水の無駄づかいをしていないかチェックしてみて下さいね。

台所での節水について
洗い物をするとき、お水を出しっぱなしで洗っていませんか?
大きめの桶にお水を貯めてそのお水で洗うようにするとかなりの節水になります。
カレーや油汚れなど、汚れがひどいときには
あらかじめキッチンペーパーやティッシュなどで汚れをふき取っておくと、
洗うのも簡単ですし、お水や洗剤も少ない量で済みます。
ベテラン主婦になると全て目分量でおいしいご飯が作れてしまいますが、
実はここにも節水のコツがあります。
お味噌汁やスープなどは、余分に作らず、
1回で食べきる量を作るようにしましょう。

続いてはお風呂場での節水についてです。
シャワーはこまめに止める。
短時間だから良くそうにお湯をはるよりシャワーの方が節水になると
考える方も入ると思いますが、
実はシャワーは1分間だしっぱなしで約12リットル使っているのです。
(恥ずかしながらウチの旦那さん、毎日シャワーを20分近く出しっぱなしで使っていました。なんてもったいないんだろう・・・こまめにとめてくださいとお願いしました。笑)

残り湯は洗濯や掃除などに活用する。
洗濯の洗いだけを残り湯にして、すすぎを水道水にすれば
ビビたるものですが節水できます。
車を洗うのに活用している友達もいました。

原始的ですが・・・雨水を貯める。
雨が降ったらバケツなどで雨水を貯めておく方法です。
すぐに使わないと虫がわいたり臭いが出てしまいますが、
植木の水遣りや、汚い運動靴の泥お年に使うと節水になります。
災害が起きたときにはトイレの流し水に利用したり何かと使うので
日ごろから「雨水を貯める」ということをやっておくと
いざという時に役立つかもしれませんね。

水不足に備えて・・・

梅雨に入り、雨の日も多くなってきました。
こんなに雨が降っているとあまり実感がわかないのですが、
実は今年は深刻な水不足の可能性があるのです。

関東でもダムの貯水量は50パーセントを大きく下回り
このまま雨が降らないと取水制限が始まり、
更に深刻化すると水不足により断水!なんてこともありえるかもしれません。

水不足が深刻化するといきなり断水するということはありませんが、
まず第一段階として蛇口をひねったときにお水の出る量が減ります。
最初は数時間だけなのが、段々と出る量自体が減ってきてしまいます。

大雨が降って貯水量が急激に増えれば
すぐに改善されると思いますが、
なかなかそうはいきません。
一旦断水するまで貯水量が減ってしまうと、
普段どおりに戻るまでに、数日はかかると見込まれています。
シャワーどころか飲み水もなくなってしまったら大変です。

そんないざという時のために普段から用意しておきたいのが
やはり保存水です。
いざ水不足となると、みんながスーパーやコンビニなどで
水を買い込む可能性が高いので、
一気に店頭からミネラルウォーターがなくなってしまいます。
そう、水不足が深刻化する前に対策を練っておかなければなりません。

保存水をたくさん用意しておけば災害が会ったときにも使えるので
多めに備蓄しておきたいものですが、
ペットボトルのお水も何年もたてば劣化して
味が変わってしまう可能性があるのです。

普段からお水をよく使うのであれば
ウォーターサーバーを契約するのも一つの対策です。
いつでも新鮮なお水が飲めるということだけでなく、
断水した際も、安定してお水を手に入れることができるのです。
サーバーのレンタル料もかなりお手ごろのものが増えてきたので
災害対策にウォーターサーバーを申し込むと言う人も増えているようです。

特に赤ちゃんがいる家庭では、ミルク用の安全なお水の備蓄として
人気があります。

昨今災害も各地で起こっていて、いつ自分達の地域に災害が起きてもおかしくない状況です。
備えあれば憂いなしですからね。

私のお勧めはコントレックス!(硬水)

ダイエットを決心したときに、最初に思ったのが「飲み物を見直そう」でした。
今まで、ジュースや加糖の紅茶なんかを飲んでたのですが、それを「水に変えよう!」と思いました。
みんながお勧めしていたのが「コントレックス」でした。
飲み始めたときは、「おいしくない……」と思いました。
とにかくのどに引っかかって飲みづらい……でも、それは最初の数日だけでした。なれるとなんとも思わなくなります。
そしてコントレックスを飲み始めて、気づきました。
「お通じがよくなった!」
今まで、便秘に悩んでいたのがうそみたいに、お通じがよくなり、その影響か肌がきれいになりました。
そのときは、紅茶をミネラルウォーターに変えたから変わっただけかも?と思い、
いったん別の水に変えたのですが(コントレックスは割高なので……)
変えたとたんまた便秘になりました。なので、コントレックスが便秘に効く!というのは本当だったんだ!と実感しました。
ほかのミネラルウォーターより多少割高感はありますが、私はいまもコントレックスを愛飲しています。
朝飲むのがいいみたいですね。小さいペットボトルは割高なので1.5リットルの大きいペットボトルを買って、毎朝飲んでいます。

ミネラルウォーターのペットボトルが大量すぎる!

我が家は毎日毎日ペットボトルからミネラルウォーターを飲んでいます。
勿論、煮物やお味噌汁、カレーライスなどの煮込み料理にも使います。当然、毎日ものすごい量のミネラルウォーターが消費されるので、我が家の空になったペットボトルの山はものすごいものです。おまけに、ペットボトルは我が家の住んでいる地域では第2第4しか収集に来ないのです。月に2回しかペットボトルを捨てられず、リビングやらベランダやらにたくさんたくさん置いてあります。まあ、子供がつぶしてくれて遊びながら楽しんでいるのでいいのですがね。
本当におじゃまですが、リサイクルできるのできちんと綺麗な状態でラベルもはがして置いておきます。
最近はウォーターサーバーも増えているので検討してみましたが、置く場所がない。でもなんとなくウォーターサーバーのミネラルウォーターの方がおいしそうな気がします。いろいろ試飲してみました。すると我が家で購入しているミネラルウォーターも味はなかなか良いのです。しかも安いです。毎週毎週車で箱ごと買っていますが少し面倒くさいのでウォーターサーバーにしようとしていますが、レンタル料がかかるので結局しばらくはペットボトルでミネラルウォーターを買うということに落ち着きました。

なぜウォーターサーバーなのか

5年前に起こった東日本大震災。

私はまだ結婚しておらず、職場から自宅まで延々歩いた記憶を鮮明に思い出します。

 

揺れは強かったですが、被害は少なく、

幸いまわりも大きな怪我をする人もいませんでした。

0-27

地震から2-3日後に友達から

「ミネラルウォーターを見つけたら買っておいて欲しい」と言われました。

友達の子供はまだ1歳。ミルクや離乳食にミネラルウォーターを

使いたかったのにどこにも売っていない状況だったのです。

 

水道水は原発問題でとてもナーバスになっており、

子供に与えるのはちょっと・・・という状況だったのです。

 

とにかく安心して飲めるお水がほしいと言うことで、

ウォーターサーバーの契約をしたそうですが、

なんと半年待ちと言われたそうです。

 

みんな考えることは同じで、安心安全なものを必要としていたんですね。

結局地震の後落ち着いてミネラルウォーターも十分に購入できる頃になってから

やっとウォーターサーバーが届いた用です。

 

その教訓からその友達は赤ちゃんが生まれると聞いたら

必ず「ウォーターサーバー契約した?」と

下手な営業よりもウォーターサーバーの営業をするようになりました。

母親としてとても困ったからこそ、ですね。

 

私も息子が生まれたときに契約しました。

いざという時のためもありますが、

ミルクを作るのにも重宝しましたし、

料理屋飲み水としても安心して使えました。

 

ウォーターサーバーって、届いたらすぐお水が出るものだと思っていたのですが、

準備が必要なんですよね。

http://www.organiccafe-aja.com/

 

何かあったら使おうと思ってとっておくと

使いたいときにすぐ使えないので、

サーバーを契約したら日ごろから活用しておきましょう。

あかちゃんとママ

 

 

小さなお子さんがいる家庭ではミルクにもちろんですが、

お薬を飲むときなど様々な世代でウォーターサーバーは重宝するなと思います。

 

直接災害の被害がなくても、

何が原因でお水が買えない状況が起こるかわかりません。

 

そんなときのために、早めに用意をして備えたいものですね。

お水の賞味期限

地震などの自然災害・もしものときのためにお水を用意している家庭も

多いことでしょう。

 

ところで備蓄している、お水の賞味期限って気にしていますか?

折角用意したのに、必要なときに賞味期限が切れてて飲めない!なんてことがないように

あらかじめチェックしておきましょう。

 

そもそも「お水に賞味期限なんてあるの?」と思う方もいるかもしれません。

たとえ密封されているペットボトルのお水も長い年月が過ぎれば

腐敗してしまいます。

ペットボトルの賞味期限は最長でも5年くらいです。

多くは2年程度を賞味期限と設定しています。

 

災害用には賞味期限が5年のものを選んだほうが良さそうですね。

 

賞味期限が切れた水は全く飲むことができないのか?と言ったら

数ヶ月過ぎただけならば飲むことは可能と言われています。

ただ保存していた匂いがついていたり、風味が変わっていたりと

おいしく頂くことは難しそうです。

一旦沸かしてコーヒーやカップラーメンなどに活用すれば

問題ないようです。

(でも心配であれば生活用のお水として使いましょう。)

 

災害用のお水は1日一人3リットル。

4人家族ならば12リットルが必要となります。

この数って。2リットルのペットボトル6本分、1ケース分となります。

 

1ケース分のお水を賞味期限切れで捨てるのはとてももったいないことですので、

常備水を用意してからある程度時間が経ったら使い切って

新しくお水を用意するのが良いでしょう。

一気に遣うのが大変であれば2-3本ずつのサイクルで交換していくのも

一つの方法ですね。

 

お水は保存する場所も大切です。

高温多湿になる場所よりも、暗くて涼しい場所に保管することで

長持ちします。

持ち出しやすいからとベランダや玄関の日のあたる場所においておくと

腐敗が進むのが早くなる可能性があるので、注意しましょう。

 

いざという時に、おいしいお水が飲めるように

日ごろから気をつけることが大切なんですね。

 

現在常備水を何も用意していないと言う方はこれを気に

準備してみてはいかがでしょうか。

地震が起きたら・・・

地震が起きたらまずどうするか。

机の下に隠れる?とりあえず外に出る?

反対に外にいた場合には家に入る?

今一度確認すると、意外とアレ?どうしよう?ということが

多々あることに気づきます。

今一度家族で「地震が起きたら・・・」について話し合いをしましょう。

 

まずは、家の中にいる時に地震が起きた場合・・・

地震がきたらまずは自分の身を守りましょう。

窓ガラスの近くは割れて破片が飛び散る可能性があるので、

なるべく窓のない机の下に隠れてゆれがおさまるのを待ちます。

(日ごろから机の場所も考えておく必要がありますね。)

 

揺れがおさまったらお風呂に水をためておきましょう。

水をためている間に非常用持ち出し袋を用意し、

火事などの二次災害を抑える為にブレーカーを落とします。

(ブレーカーの位置はもちろん知っておきましょう。)

大きな余震が来ることもありますので、揺れを感じたら

すぐに身を守るようにします。

避難の準備ができたら速やかに避難場所に移動します。

 

 

外で地震が起きた場合は・・・

落下物や転倒してくる兵などに注意しなるべく近くの公園や学校の校庭など

広い場所の中央で身をかがめて揺れが収まるのを待ちます。

バッグなどを持っているようであれば頭を隠すのに使いましょう。

車の中で地震にあったら、ラジオなどで情報を聞いてから、

クルマは路肩にとめてかぎは挿したままで避難します。

(大都市では緊急車両の通行の妨げにならないように車での移動は控えましょう。)

 

電話は手短に無事であることを伝え、災害伝言板などを利用するようにします。

職場が家の近くであれば家族と落ち合う場所を決めておき、

離れ離れでも不安にならないようにしておきます。

(家に帰ってまつ人もいますが、倒壊などの危険性が高いのでメモなどで安否状況やどこに避難しているのか張ってその場に長くとどまることは避けましょう。)

 

地震はいつきてもおかしくありません。

自分のみは自分で守る。

普段から家族と緊急時にどうするかしっかり話し合っておく。

こういったことが大切になってきますね。

お水は大切です。

いざという時のために、非常用のお水はどのくらいを

用意しておけば良いのでしょうか。

 

お水は飲用以外にも、衛生面(顔や手を洗ったり、トイレに使ったり)で必要になります。

節水して使用しても成人一人当たり1日約3リットルくらいのお水が必要となります。

お水の復旧・給水車が来るのは災害の3日後が目安と言われています。

非常時に備える場合、約3日分を用意するとなると、

大人一人分に対して9リットルの用意が必要となります。

2リットルのペットボトル4本半ってかなりの量ですよね・・・

 

少しでも荷物を軽くするなら、

簡易トイレやウェットシートなどを多めに用意して

手やカラダを拭く時にお水を使わないようにするのもひとつの方法です。

 

ハミガキもマウスウォッシュやクロスなどを上手く利用することで

節水することができます。

 

また今はアウトドア用品で、泥水や雨水を飲用水用にろ過できる道具も

打っているので、そういったものを利用することで

お水を作り出すこともできます。

道具も様々ですがペットボトルくらいの大きさで

持ち運びが便利な物もありますので、

いざという時のために用意しておくのもいいかもしれません。

 

ところで、ペットボトルのお水には賞味期限があるのでしょうか。

せっかく備えておいても賞味期限が切れて飲めなくなってしまっては

意味がありません。

一般的にペットボトルもお水の賞味期限は1年から5年で設定されており、

2年くらいにものが多いようです。

賞味期限が切れても飲めないことはないのですが、

細菌が沸いている可能性があるので、

あまり飲むことはおすすめできません。

 

非常用のお水は1年に一回くらいのペースで交換することをおすすめします。

(賞味期限が切れたお水をそのまま生活用水に変更してしまうのもいいかもしれませんね)

座っているだけでもカラダの水分は蒸発してしまうので、

お水はとても大切です。

備蓄水は家族の分が足りなくないか・賞味期限は大乗か

今一度確認しておきましょう。

近年自然災害が多い・・・

5月も終わりですね。

今月は各地で大きな地震が多くありました。

熊本だけでなく、埼玉や茨城でも大きな揺れがありましたね。

また、日本各地で噴火もしていて、

いつ何が起きてもおかしくない状況だなと思わざるを得ません。

いざという時のために、非常用持ち出し袋を用意しているご家庭はどのくらいでしょうか。

また、用意はしているものの、不要な物まで用意していて

持ち出すときに重たい・・なんてこともあります。

非常用持ち出し袋に入れるものは最低限で尚且つ本当に必要なものだけにしましょう。

 

防災館で貰った災害手帳に、備えておきたい防災グッズの一覧がありました。

 

・水(1人あたり3リットルを用意)

・食料(乾パン。缶詰など)

・ラジオ・懐中電灯(電池も忘れずに)

・缶きり・マッチ・ろうそく

・救急用品・薬

・ビニール袋・ビニールシート

・古新聞・ちり紙

・靴・軍手・ヘルメット・笛

・身分証明書・保険証のコピー等

・毛布・下着

・簡易トイレ

・筆記用具

・サニタリーセット(ハミガキ・生理用品など)

 

上記以外にも小さいお子さんがいる家庭ではオムツや

着替えなど最低限でもかなりの荷物になってしまいます。

 

非常用袋は手で持つタイプより、リュックのタイプにすることで、

両手をふさがずに安全に非難ができるようにしましょう。

 

身分証明書や、保険証のコピー・普段飲んでいる薬や

かかりつけ医などは簡易的なノートにまとめるなどしておくと、

かさばらずに持ち出すことができますね。

私が貰った災害手帳はそれ自体に書き込むことができて

首からかけられるように紐がついているので便利です。

 

非常用品の用意がまだと言う方は一度近くの防災館に

災害手帳や災害のしおりなどを貰いに行くのもいいかもしれません。

そのときに家の近くの避難所の確認や、

突然の災害の対処法を聞いておくと安心ですね。
023

 

備えあれば憂いなしと言いますが、

地震や大きな災害に備えなしでは危険です。

備えに備えを重ねるように今から準備しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ